幸せを見つける旅
The Journey to Happiness
2022/06/28(Tue) / / 22°C
Scroll

MESSAGE

龍の神様に守られた土地として、
天橋立には多くの神話が残されています。
龍の神様から、ご加護を頂くことは、
自分自身の運を強くすることにつながります。
ご加護を頂くために重要なことは、想いを持って行動すること、
そして、自分自身が幸せであることです。
龍の神様は、私たち一人ひとりが幸せになることで
世の中が良くなることを望んでいます。
天橋立で、幸運を引き寄せる旅を始めませんか。

ROUTE MAP

お参り前に知っておきたい「龍めぐり」の参拝順路。
このルートマップでは、龍伝説の残る”龍の地”天橋立で、
龍のご利益をしっかり受けとっていただくための参拝順路を紹介しています。

神社で鳥居をくぐってから本殿へ向かうように、天橋立も全体が境内のように見立てられ、
スタート地点であるビューランドからゴール地点成相寺を目指して参拝します。
ぜひ、開運招福・招財進宝をお祈りください。

成相寺
8

成相寺(なりあいじ)

真向の龍

ご本尊は身代わり観音様。自分の代わりに病気や厄を被ることで、願い事の成就を後押ししてくれるとされる。左甚五郎の「真向きの龍」を拝んで、前を向かって進んでいこうという力をもらおう。境内の龍神のタモと呼ばれる、タブの木は龍が天に昇る場所だとされる。願いを天に昇華させよう。境内には、一願一言地蔵、病封じの孔雀明王、東洋のキューピッドと言われる愛染明王も。

傘松公園
(昇龍観)
7

傘松(かさまつ)公園

昇龍観

勢いよく天に昇る龍をイメージさせる「昇龍観」を眺める。ここから見える、冠島と沓島には、竜宮があるとか。龍神様を遥拝して、願いの成就へ一歩前進。冠島と沓島には、宗像大社や厳島神社の御祭神でもある、海神(市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと))別名弁財天が祀られている。

眞名井神社
6

眞名井(まない)神社

真名井神社狛龍

元伊勢籠神社の奧宮であり、豊受大神様が祀られている。

元伊勢籠神社
5

元伊勢籠(この)神社

恵美須神社龍

御祭神様はどんな願い事も叶えるパワーを備えた、豊受大神様。「今の自分はこうなりたい」という誓いを立て、その覚悟をお誓いする。正龍殿には、上り龍、下り龍のレリーフ。徳を積むまでの若い龍(上り龍)に自分を重ねるもよし、天から宝をもらって成熟した龍(下り龍)に将来の自分を想像するもよし。滞った運気を巡らせるというご利益も。むすひ参り(新月・満月参り)には特に運気が上がるとされる。

丹後郷土資料館

丹後郷土資料館

古来から日本海交易が盛んな丹後は、国の重要有形民俗文化財の藤織りや伊根浦の捕鯨など独特の歴史や文化を有します。 丹後郷土資料館ではそれらに関わる貴重な展示はもちろん、史跡「丹後国分寺跡」に位置しており、天橋立を端から端まで見渡せる「天平観」が 自慢です。

松並木
4

松並木

松並木

海を渡る参詣道。その昔、多くの参詣者が歩いた神聖な道を通ることで、自分の願い事を具現化する。

天橋立神社
3

天橋立神社

天橋立神社

八大龍王がお祀りされる天橋立神社は、松並木にひっそりと佇む情緒溢れる神社です。 周りを海に囲まれる立地にもかかわらず塩分を含まない真水が湧いており、参拝の際の手水として利用されています。 『磯清水』という御神水として有名で、日本100名水に数えられています。

智恩寺
2

智恩寺(ちおんじ)

智恩寺

ご本尊の文殊菩薩を拝む。文殊菩薩は、その昔、悪い龍を改心させた。その龍は、人々を守護する良い龍神様となった。文殊菩薩は、智慧の神様。クリエイティブなアイデアを得て、これまでの自分を振り返り、今後の方向性を考える。

天橋立ビューランド
(飛龍観)
1

天橋立ビューランド

飛龍観

天橋立全景(智恩寺、松並木、籠神社、成相寺)を眺める。天に上った龍が宝を授かって降臨したと言われる、最もパワーがあるとされる、「飛龍観」を拝んで、旅の成功を祈る。

CONTACT

旅のご相談やご質問など、お気軽にお問い合わせください。

天橋立駅観光案内所0772-22-8030

ご案内時間 9:00 ~ 18:00